Windows用 死活監視 / 異常検知ソフトウェア
ActiveXperts Network Monitor

DHCP

IPリース、IPの可用性などを監視します

ActiveXperts Network MonitorはDHCPサーバーをモニターして、使用中のIPアドレス、提供されているIPアドレス、および使用可能なIPアドレスをチェックすることができます。
DHCPサーバーチェックには、以下のパラメーターが必要です。

  • Host / IP – 確認したいDHCPサーバーのIPアドレスまたはホスト名
  • 使用中のIPアドレスの最大数 – 使用中のIPアドレスの最大数
  • 提供されるIPアドレスの最大数 – 提供されるIPアドレスの最大数
  • 利用可能なIPアドレスの最大数 – 利用可能なIPアドレスの最大数
  • SNMP Community Name – DHCPサーバーの監視に使用されるSNMPコミュニティ名 SNMP v.1またはSNMP v.2cがサポートされています。

DNS

DNSサーバの監視

ActiveXperts Network Monitorは、任意のDNSレコードを解決し、指定された値に対して結果を確認できます。 許可されているレコードタイプには、 ‘A’レコード、 ‘MX’レコード ‘、および’ CNAME ‘レコード’です。
DNSサーバーチェックには、以下のパラメーターが必要です。

  • ホスト/ IP – 確認したいDNSサーバーのIPアドレスまたはホスト名
  • 名前 – 解決が必要なDNS名。 この解決の結果は予想されたものと照合されます
  • Type – DNSレコードのDNSレコードタイプ。(’Aレコード’、 ‘MXレコード’、 ‘CNAMEレコード’、または ‘任意のレコード’)
  • IPアドレス – 予想されるIP番号 クエリ結果に特定のIPアドレスが含まれていない場合、チェックは失敗します。 それ以外の場合、チェックは成功します。 DNSクエリは複数のIPアドレスを返す可能性があることに注意してください。 「タイプ」が「CNAMEレコード」に設定されている場合、予想される結果はIP番号ではなくホスト名です。

FTP

FTPサーバの監視

ActiveXperts Network Monitorは、FTPサイトの可用性を確認できます。
実際のFTPサイトにアクセスするには、資格情報(ユーザー名とパスワード)を渡す必要があります。 FTPサーバーが匿名アクセスを許可している場合は、「アカウント」フィールドに「匿名」を指定し、「パスワード」フィールドに有効なEメールアドレスを指定します。 FTPチェックを使用すると、FTPサーバー上のサブディレクトリの1つにあるファイルをチェックできます。さらにファイル内の特定のパターンをチェックすることもできます。
監視対象となるファイルやディレクトリ(ファイル内のパターンを含む)に、日本語を含む2バイト文字を指定した場合、正しくチェックをおこうことができません。
FTPチェックは以下のパラメーターがあります。

  • ホスト – リモートFTPサーバーのホスト名またはIPアドレス リモートFTPサーバーが21以外のポートにリストしている場合は、このようにホストに追加することができます。192.168.0.1:23
  • パッシブ – ActiveXperts Network MonitorがFTPサーバーとの接続を確立する方法(パッシブモードまたはアクティブモード)を指定します。デフォルト:Passive
  • FTPアカウント – FTPサーバーへのアクセスに使用されるアカウント 空白のままにすることはできません。 FTPサーバーが匿名アクセスを許可する場合は、[アカウント]フィールドに[匿名]を、[パスワード]フィールドに有効な電子メールアドレスを指定する必要があります。
  • FTPパスワード – FTPサーバーへのアクセスに使用されるアカウント。 FTPサーバーが匿名アクセスを許可する場合は、[アカウント]フィールドに[匿名]を、[パスワード]フィールドに有効な電子メールアドレスを指定する必要があります。
  • 匿名 – FTPサーバーが匿名アクセスを許可している場合、このチェックボックスをクリックして、「アカウント」および「パスワード」フィールドに自動的に認証情報を入力できます。 ‘Anonymous’プロパティはエンジンによって使用されません。
  • 接続性の確認/ファイルの存在の確認 – 可用性のみを確認する場合は、ここで[接続性の確認]を選択してください。特定のファイルの存在を確認したい場合は、[ファイルの存在の確認]を選択する必要があります。
  • ディレクトリ – ファイルの存在を確認する場合は、「ファイル」フィールドで示されるファイルが配置される作業ディレクトリを指定できます。 FTPサイトのルートを作業ディレクトリとして使用するには、空白のままにします。
  • ファイル – 「ディレクトリ」フィールドで示されるディレクトリにチェックインしたいファイルです。
  • バイナリファイル転送を使用 – ファイルを分析できるように、ローカルのTempディレクトリに転送する方法を示します。注:ファイルが分析された後、それはTempディレクトリから自動的に削除されます。
    パターンは一致する必要があります/パターンは一致するべきではありません – パターンが一致する場合、チェックの結果は成功またはエラーのどちらかになります。

HTTP

HTTP(S)の監視

ActiveXperts Network Monitorは、デフォルトのポート(例:80と443)でHTTPとHTTPのサイトの可用性をチェックすることができます。
HTTPサーバーに直接アクセスできない場合は、特定のHTTPサーバーにアクセスするためにプロキシサーバーを通過するようにActiveXperts Network Monitorを設定できます。さらに、必要に応じて実際のHTTPサイトにアクセスするための認証情報(ユーザー名とパスワード)を渡すことがもきます。 また、ActiveXperts Network MonitorはWebサイトのコンテンツチェックをサポートしています。 Webサイトのコンテンツからテキストパターン(タグを含む)を検索できます。
監視対象となるURLやコンテンツ内の文字列に、日本語を含む2バイト文字を指定した場合、正しくチェックをおこうことができませんが、サイトが日本語で作成されていても、サイト内に含まれる半角英数文字を監視対象とした場合は、チェックは正常に動作いたします。
HTTP / HTTPチェックには、以下のパラメーターがあります。

  • URL – URL形式のWebサイトの場所(例:http:// server [:port] / path / …形式)
    サーバーの検証を要求 – HTTPまたはHTTPを示すためのフラグ
    利用可能性のみの確認/ページはパターン化する必要があります – [利用可能性のみの確認]の場合は、サイトの利用可能性のみが確認されます。 「ページに文字列が含まれている必要があります」の場合、URLのコンテンツで特定のコンテンツが確認されます。
  • タイムアウト – タイムアウトの秒数 タイムアウト期限が切れると、結果は「エラー」になります。
  • Web認証を使用 – Webサイトに認証が必要かどうかを示すフラグ。認証が必要な場合は、「Webサイトアカウント」と「Webサイトパスワード」を入力する必要があります。
  • ウェブサイトアカウント – ウェブサイト上の有効なアカウント
  • ウェブサイトパスワード – ウェブサイト上のアカウントの有効なパスワード
  • プロキシサーバーを使用する – Webサイトにプロキシサーバーを介してアクセスするかどうかを示すフラグ
  • プロキシ – [プロキシサーバーを使用する]フィールドが設定されている場合、このフィールドは実際のプロキシサーバーを示します。ここには、ホスト名、NetBIOS名、またはIPアドレスが必要です。
  • プロキシ認証 – [プロキシサーバーを使用する]フラグが設定されていて、[プロキシ]フィールドで示されるプロキシサーバーに認証が必要な場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • プロキシアカウント – プロキシサーバー上の有効なアカウント
  • プロキシパスワード – プロキシサーバー上のアカウントの有効なパスワード

ICMP

ICMP Ping可用性の監視

ICMP Pingはリモートホストの可用性を確認します。
ローカルホストは通常​​、ミリ秒以内にping要求に応答します。ただし、非常に混雑しているネットワークでは、リモートホストからエコーパケットを受信するのに最大3秒以上かかることがあります。このような状況でタイムアウトの設定が低すぎると、リモートホストに到達できないように見えます(これはほとんど真実です)。
ActiveXperts Network Monitorは、ICMP Echoコマンドを送信して応答を待つことでサーバの可用性をチェックします。 ICMPタイムアウトの失敗は、必ずしもリモートホストが実際にパケットをエコーする機能を超えて機能していることを意味するわけではありません。
ICMP / Pingチェックには、以下のパラメーターがあります。

  • ホスト – pingを実行したいコンピュータのDNS名またはIPアドレス(WINS名でもかまいませんが、ネットワーク内のWINSサーバーによって名前が解決される場合のみ)
  • 各応答のタイムアウト – 応答が受信されるまでにかかる最大ミリ秒数
  • 再試行回数 – pingが失敗した後に送信する再試行回数
  • 存続時間 – 存続時間の最大値(TTL)
  • バッファサイズ – 送信バッファサイズ

IMAP

IMAPサーバ可用性の監視

ActiveXperts Network Monitorは、リモートのIMAP4ポート(通常はポート143)で接続を確立してIMAP4準拠のメールサーバーをチェックし、ハンドシェイクを行います。
ハンドシェイクすることで、ActiveXperts Network MonitorはリモートサーバーのSMTPプロトコルが正しく機能していることを確認できます。 IMAP4メールサーバルールは、以下のパラメータがあります。

  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • ポート – IMAPプロトコルのTCPポート番号。 デフォルト:143
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します。 デフォルトでは、コマンド文字列は送信されません。
  • 応答に文字列を含める必要性 – 接続時には、オプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。 IMAPサーバーのデフォルトの応答は ‘IMAP’です。
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバでは時間がかかります。 推奨値は7000ミリ秒です。

LDAP

LDAPサーバの監視

LDAPチェックは以下のパラメーターがあります

  • ホスト – 監視対象のサーバー/デバイスのホスト名またはIPアドレス

NNTP

NNTPサーバの監視

ActiveXperts Network Monitorは、リモートTCPポート(通常はポート119)で接続を確立してNNTPニュースサーバーをチェックし、ハンドシェイクを実行します。
ハンドシェイクによって、ActiveXperts Network MonitorはリモートサーバーのNNTPプロトコルがうまく機能していることを確認できます。
NNTPニュースサーバーの規則は、次のパラメータがあります。

  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • ポート – NNTPプロトコルのTCPポート番号。 デフォルト:119
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します。 デフォルトでは、コマンド文字列は送信されません。
  • 応答には文字列を含める必要性 – 接続時には、オプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。 NNTPサーバーのデフォルトの応答は200です。
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバでは時間がかかります。 推奨値は7000ミリ秒です。

NTP

NTPサーバの監視

多くの組織や企業では正確な時間設定を確実にするためにタイムサーバーを使用しています。 NTPプロトコルは、ワークステーションとサーバー間の時間、および外部の時間ソースを同期させるために使用されるプロトコルです。 ActiveXperts Network MonitorはNTPを使用して、内部および外部のタイムソースの可用性を確認します。

NTPチェックは次のパラメータがあります。

  • タイムサーバー – タイムサーバーのホスト名またはIPアドレス

POP3

POP3サーバの監視

ActiveXperts Network Monitorは、リモートTCPポート(通常はポート110)で接続を確立してPOP3メールサーバーをチェックし、ハンドシェイクを行います。
ハンドシェイクによって、ActiveXperts Network MonitorはリモートサーバーのPOP3プロトコルがうまく機能していることを確認できます。

Pop3 Mail Server 可用性チェックは、次のパラメータがあります。

  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • Port – Pop3プロトコルのTCPポート番号。 デフォルト:110
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します。 デフォルトでは、コマンド文字列は送信されません。
  • 応答には文字列を含める必要性 – 接続時に、オプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。 POP3サーバーのデフォルトの応答は次のとおりです。 ‘+ OK POP3’
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバでは時間がかかります。 推奨値は7000ミリ秒です。

RADIUS

RADIUSサーバの監視
ActiveXperts Network Monitorは、ユーザー名、パスワード、およびRADIUSシークレットを使用してリモートRADIUSサーバーに対してユーザーを認証することにより、RADIUS(リモート認証ダイヤルインユーザーサービス)サーバーの機能を確認できます。
RADIUSチェックには次のパラメータがあります。
 
  • RADIUSホスト – 監視対象のサーバーのホスト名またはIPアドレス。
  • RADIUS UDPポート –  RADIUSプロトコルのUDPポート番号。 デフォルト:1812
  • Secret  –  RADIUSシークレット
  • タイムアウト – ミリ秒単位のタイムアウト。 タイムアウト期限が切れると、結果は「エラー」になります。
  • ユーザー –  RADIUSサーバーに対して認証するユーザー
  • パスワード –  RADIUSサーバー上のアカウントの有効なパスワード

SFTP

SFTP サーバの監視
ActiveXperts Network Monitorは、SFTPを介してFTPクライアントサーバを監視します。
監視対象となるファイルやディレクトリ(ファイル内のパターンを含む)に、日本語を含む2バイト文字を指定した場合、正しくチェックをおこうことができません。
 
SFTPチェックは次のパラメータがあります。
 
  • Host  – リモートSFTPサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • Port  – リモートSFTPホスト上のSFTPデーモンのポート。デフォルト:ポート22
  • アカウント –  SFTPサーバーへのアクセスに使用されるアカウント
  • パスワード –  SFTPサーバーを認証するためのパスワード(省略した場合は、有効な秘密鍵ファイルを設定する必要があります。)
  • Private Key File  –  SFTPサーバーに認証するための秘密鍵ファイル。省略した場合は、有効なパスワードを設定する必要があります。
  • ホストキーを受け入れる – 未知または変更されたホストキーを受け入れるかどうかを指定します。
  • 接続性の確認/ファイルの存在の確認 – 可用性のみを確認する場合は、ここで[接続性の確認]を選択してください。特定のファイルの存在を確認したい場合は、[ファイルの存在の確認]を選択する必要があります。
  • ファイル(フルパス) – 確認したいファイル
  • パターンは一致/パターンは不一致 – パターンが一致する場合、チェックの結果は成功またはエラーのどちらかになります。

 

SMPP

SMPPサーバの監視
ActiveXperts Network Monitorは、SMPP SMSCによって提供された資格情報を使用してログインすることによって、SMPPサーバーをチェックできます。 ソフトウェアベンダがSMSメッセージを送信することを許可するために使用されます。
SMPPチェックは以下のパラメーターがあります。
  • ホスト – リモートSMPPプロバイダーのホスト名またはIPアドレス
  • 空き時間のみを確認/アカウントを使用してログオン – 接続のみを確認することも、システムにログオンして確認することもできます。
  • システムID  – プロバイダから提供されたアカウント(ログイン)
  • パスワード – システムIDに関連付けられているパスワード

 

SMTP

SMTPサーバの監視
ActiveXperts Network Monitorは、リモートTCPポート(通常はポート25)で接続を確立してSMTPメールサーバーをチェックし、ハンドシェイクを行います。 ハンドシェイクすることで、ActiveXperts Network MonitorはリモートサーバーのSMTPプロトコルが正しく機能していることを確認できます。
 
SMTPメールサーバールールには、以下のパラメーターがあります。
  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • ポート –  SMTPプロトコルのTCPポート番号。 デフォルト値は25です
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します。 デフォルトでは、コマンド文字列は送信されません。
  • 応答には文字列を含める – 接続時には、オプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。 SMTPサーバーのデフォルトの応答は ‘200’です。
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバもあります。 推奨値は7000ミリ秒です。

SMTP/POPメール配信

SMTP/POPメール配信の監視
このチェックでは、SMTPサーバーを介してテストEメールメッセージを送信し、それが受信者のメールボックスに配信されたことを確認することによって、Eメールサービスが正しく機能しているかどうかを確認します。
SMTPからPOP3へのチェックには、以下のパラメーターが必要です。
  • Eメール受信者 –  Eメールの送信先の受信者のEメールアドレス
  • 件名 –  Eメールの件名。 ActiveXpertsエンジンは固有のIDをそれに追加して、電子メールをPOP3テストメールに対するSMTPとしてマークすることに注意してください。
  • SMTPサーバー – 使用するSMTPサーバーを選択します。グローバルプライマリSMTPサーバー、グローバルセカンダリサーバー、または別のSMTPサーバー
  • POP3サーバー –  POP3サーバーのホスト名またはIPアドレス
  • POP3アカウント –  POP3サーバーを認証するためのアカウント
  • POP3パスワード –  POP3サーバーを認証するためのパスワード
  • 毎分Eメールをチェック – チェック間隔 EメールがEメール配信タイムアウト値の範囲内で受信されない場合、検査は失敗します。指定された時間内に電子メールがPOP3ボックスに配信されない場合、チェックは失敗します。
  • 配信後にメールを削除する –  Network Monitorはオプションで配達されたEメールを削除することができます。

SNMP

SNMPを使用したデバイス監視
SNMP GETメッセージを使用により、Network Monitor Engineはリモートコンピュータまたはデバイス上の特定の変数に関する情報を要求できます。エージェントは、GETメッセージを受信すると、要求された情報または要求を処理できない理由に関するエラー表示とともに、GET-RESPONSEメッセージをNetwork Monitor Engineに発行します。
 
SNMPチェックはSNMP v1およびSNMP v2cプロトコルをサポートしており、次のパラメータが必要です。
  • ホスト – 監視するサーバー/デバイスのホスト名またはIPアドレス
  • ポート – ターゲットマシン/デバイスのSNMPに使用されるUDPポート デフォルトのポートは161です。
  • コミュニティ –  SNMPコミュニティ文字列。デフォルト: ‘public’
  • プロトコル –  SNMPクライアントが通信する方法を示します。
  • リモートSNMPエージェントを使用 –  「自動」を選択すると、両方のサイトのSNMPエージェントが優先プロトコルをネゴシエートして使用します。エージェントにSNMPバージョン1の使用を強制するには、[SNMPv1]を選択します。エージェントにSNMPバージョン2cの使用を強制するには、[SNMP v2c]を選択します。
  • OID(数値/記号) – オブジェクトID  OIDは、MIB内およびSNMPメッセージ内で各変数を一意に区別するために使用される、長い数値タグまたはシンボリック(フレンドリ)名です。数値タグ形式を使用する場合は、OIDの前に ‘.’を付けることができます。これはオプションです。例えば、.1.3.6.1.2.1.1.5.0または1.3.6.1.2.1.1.5.0です。わかりやすい名前は、system.sysName.0、またはinterfaces.ifTable.ifEntry.ifOperStatus.1のような名前です。 MIBファイルからシンボリックOIDを選択する –  MIBファイルから英数字のOIDを選択するには、このボタンを使用します。事実上あらゆるサードパーティのMIBファイルを使用できます。
  • OIDデータ型 –  OIDデータ型。有効なデータ型は次のとおりです。ビットストリーム、カウンタ、整数、IPアドレス、オブジェクト識別子、不透明文字列、文字列、タイムティック、符号なし整数
  • OIDデータは – 条件を選択します:等しい、等しくない、より小さい、より小さい、または等しい、より大きい、より大きい、または等しい。この条件は、実際のSNMP値と「IODデータ値」を比較するために使用されます。
  • OIDデータ値 – 「OIDデータは必ず」オペランドを使用して、実際のOID値と比較されるOID値 AND / OR  – 条件を拡張するには、ANDまたはOR演算子を使用します。 ANDまたはORを選択するときは、追加の条件(Equal Toなど)とOID Data Valueを指定する必要があります。

SNMPトラップ

Windows内のSNMPトラップ
SNMP Trap Receiveチェックは、処理のためにリアルタイムネットワークトラップを待ち受けます。 SNMPトラップ受信チェックは、ネットワークモニタの他のチェックとは異なる動作をします。SNMPトラップ受信チェックはイベント駆動型です。チェックは時間間隔では実行されませんが、新しいトラップが受信されるとすぐにトリガーされます。その結果、SNMPトラップ受信チェックの時間間隔を指定することはできません。
 
SNMP Trap Receiveチェックには、次のパラメータが必要です。
 
  • ホストから受け入れる – 監視するサーバー/デバイスのホスト名またはIPアドレス
  • SNMP Community  –  SNMPトラップ交換に使用されるコミュニティ名
  • Accept OID  – 受信するオブジェクトID。これは数値OIDまたはシンボリックOIDにすることができます。 OIDをチェックするには「*」を入力します。
  • MIBファイルからシンボリックOIDを選択 – このボタンを使用して、MIBファイルから英数字のOIDを選択します。事実上あらゆるサードパーティのMIBファイルを使用できます。
  • 受信OIDデータタイプ – 予想されるOIDデータタイプ。有効なデータ型は次のとおりです。ビットストリーム、カウンタ、整数、IPアドレス、オブジェクト識別子、不透明文字列、文字列、タイムティック、符号なし整数
  • Match OID Value  – 特定の値についてOIDデータをチェックするには、このチェックボックスをオンにして、同じ方法で「SNMP GET」チェックの条件を設定します。

TCP

TCPベースのシステムの監視
ActiveXperts Network Monitorは、特定のポートにチャレンジすることでローカルサーバーまたはリモートサーバーをチェックできます。
それは接続して、チャレンジ/レスポンスを実行します。(それに一連のバイトを送信し、レスポンスを待って受信した情報を分析します)
 
TCP / IPルールは以下のパラメータがあります。
 
  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • Port  – チェックするプロトコルのTCPポート番号
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します
  • 応答には文字列を含める – 接続時にオプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバーでは時間がかかる場合があります。 推奨値は7000ミリ秒です。

TFTP

TFTPホストの監視
ActiveXperts Network MonitorはTFTPホストの可用性を確認できます。
TFTPは ‘Trivial File Transfer Protocol’の略で、FTPプロトコルの先駆者です。それはFTPより少ない機能を持っています:それは(信頼できない)UDPプロトコルに基づいていて、ディレクトリブラウジングのためのサポートを持たず、そしてログオンとパスワードによって保護されていません。 TFTPチェックを使用すると、TFTPホストのディレクトリ内のファイルをチェックしたり、ファイル内の特定のパターンをチェックしたりできます。
実際のFTPサイトにアクセスするには、資格情報(ユーザー名とパスワード)を渡す必要があります。 FTPサーバーが匿名アクセスを許可している場合は、「アカウント」フィールドに「匿名」を指定し、「パスワード」フィールドに有効なEメールアドレスを指定します。 FTPチェックを使用すると、FTPサーバー上のサブディレクトリの1つにあるファイルをチェックできます。さらにファイル内の特定のパターンをチェックすることもできます。
 
FTPチェックは以下のパラメーターを取ります。
 
  • ホスト – リモートFTPサーバーのホスト名またはIPアドレス。リモートFTPサーバーが21以外のポートにリストしている場合は、次のようにホストに追加することができます。192.168.0.1:23
  • ファイル – 「ディレクトリ」フィールドで示されるディレクトリにチェックインしたいファイル
  • ファイルの存在のみを確認/ファイル内の特定のパターンを確認 – ファイルの存在のみを確認することも、ファイル内の特定のパターンを確認することもできます。
  • バイナリファイル転送を使用 – ファイルを分析できるように、ローカルのTempディレクトリに転送する方法を示します。注:ファイルが分析された後、それはTempディレクトリから自動的に削除されます。
  • パターンは一致する必要がある/パターンは一致しない – パターンが一致する場合、チェックの結果は成功またはエラーのどちらかになります。

TraceRoute

IPルートの監視
ActiveXperts Network Monitorはパケットルーティングを監視することができ、そこではパケットはIPネットワークから特定のホストへの途中でルーティングされます。
ActiveXperts Network MonitorのTraceRouteチェックは、低いTTL(有効期間)フィールドを持つパケットを送信します。 TTL値は、パケットが返されるまでに許可されるホップ数を指定します。 TTL値が低すぎるためにパケットが宛先に到達できない場合、最後のホストはパケットを返して自分自身を識別します。 tracerouteは一連のパケットを送信し、連続する各パケットのTTL値を増やすことによって、すべての中間ホストが誰であるかを調べます。
 
TraceRouteチェックは以下のパラメーターがあります。
 
  • ホスト – リモート接続先のホスト名またはIPアドレス
  • 最大ホップ – パケットが返されるまでに許可されるホップ数
  • アドレスをホスト名に解決 – 設定すると、ホップはIPアドレスではなくホスト名として報告されます。ホスト名を解決すると、チェックのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • ホップの最大応答時間 – ホップが応答するのにかかる最大ミリ秒数
  • 経路上のホップ – 経路上のホップを確認するかどうかを指定します。特定のホップを許可するか、特定のホップを許可しないかを選択できます。