Windows用 死活監視 / 異常検知ソフトウェア
ActiveXperts Network Monitor

Linuxホスト

Linuxホストの監視

ActiveXpertsネットワークモニタSSHチェック

SSH Secure Shellを使用すると、インターネットなどの安全でないネットワークを介した安全なネットワークサービスが可能になります。 SSHを使用すると、ActiveXperts Network MonitorはSSHデーモンを実行しているリモートマシンにログインし、コマンドまたはシェルスクリプトを実行できます。 ActiveXperts Network Monitorでは、出力(StdOut)を次の構文に従ってフォーマットする必要があります。

[ SUCCESS | ERROR | UNCERTAIN]: { <explanation> } { DATA:<value>}

 <explanation>は、Managerアプリケーションの’Last Response’列に表示されます。 <value>フィールドは、マネージャアプリケーションの ‘Data’ 列に表示されます。 サンプル:

ERROR: Free Disk space is less than 40 GB DATA:34
SUCCESS: Daemon 'LPD' is running
クライアント(ActiveXperts Network Monitorを含む)がRSHを使用してLINUX / UNIXマシン上でシェルスクリプトを実行できるようにするには、次の前提条件を満たす必要があります。
リモートのUNIX / LINUXマシンはSSHデーモンを実行している必要があります。
クライアントはhost.allowed設定ファイルにエントリを持っている必要があります。
 
SSHシェルスクリプトの確認には、以下のパラメーターが必要です。
  • リモートホスト – リモートのLINUX / UNIXホストのホスト名またはIPアドレス
  • ポート – リモートホストのRSHに使用されるTCPポート(デフォルトのポートは22です。)
  • SSH Command  – リモートホスト上で実行するコマンドを指定します。
  • スクリプトタイムアウト – スクリプトの完了を待つ最大ミリ秒数を指定します。スクリプトに時間がかかる場合は、終了します。デフォルト値:5000ミリ秒
  • アカウント – リモートホストへの認証に使用されるアカウント
  • パスワード – リモートホストへの認証に使用されるパスワード
    認証に秘密鍵ファイルを使用している場合は、「パスワード」フィールドを空白のままにすることができます。
  • 秘密鍵ファイル – リモートホストへの認証に使用される秘密鍵ファイル。認証にパスワードファイルを使用する場合は、[Private Key File]フィールドを空白のままにすることができます。
  • StdErrが空でない場合、結果は次のようになります。- スクリプトにエラーがある場合は、このエラーを処理して、チェックの結果を不明確、エラー、または成功に設定することができます。

Linuxホスト

Linuxホストの監視

ActiveXperts Network Monitor RSHチェック
RSHは、rshデーモンへの接続を開き、リモートサーバー上で実行されるコマンドを送信し、その出力(stdoutとstderrの両方)を取得するクライアントプロセスです。 接続は標準ポート514(shell / cmdプロトコルの場合はtcpポート)で確立されます。 ActiveXperts Network Monitorでは、出力(StdOut)を次の構文に従ってフォーマットする必要があります。
[ SUCCESS | ERROR | UNCERTAIN]: { <explanation> } { DATA:<value>}
<explanation> は、Managerアプリケーションの’Last Response’列に表示されます。  <value>フィールドは、マネージャアプリケーションの ‘Data’ 列に表示されます。 サンプル:
ERROR: Free Disk space is less than 40 GB DATA:34
SUCCESS: Daemon 'LPD' is running
クライアント(ActiveXperts Network Monitorを含む)がRSHを使用してLINUX / UNIXマシン上でシェルスクリプトを実行できるようにするには、次の前提条件を満たす必要があります。
リモートのUNIX / LINUXマシンでは、RSHデーモンを実行しておく必要があります。
クライアントはhost.allowed設定ファイルにエントリを持っている必要があります。
RSHシェルスクリプトチェックには、次のパラメータが必要です。
  • リモートホスト – リモートのLINUX / UNIXホストのホスト名またはIPアドレス
  • ポート – リモートホストのRSHに使用されるTCPポート。デフォルトのポートは22です。
  • RSH Command  – リモートホストで実行するコマンドを指定します。
  • スクリプトタイムアウト – スクリプトの完了を待つ最大ミリ秒数を指定します。スクリプトに時間がかかる場合は、終了します。デフォルト値:5000ミリ秒
  • アカウント – リモートホストへの認証に使用されるアカウント
  • パスワード – リモートホストへの認証に使用されるパスワード。認証に秘密鍵ファイルを使用している場合は、「パスワード」フィールドを空白のままにすることができます。
  • 秘密鍵ファイル – リモートホストへの認証に使用される秘密鍵ファイル。認証にパスワードファイルを使用する場合は、[Private Key File]フィールドを空白のままにすることができます。
  • StdErrが空でない場合、結果は次のようになります。- スクリプトにエラーがある場合は、このエラーを処理して、チェックの結果を不明確、エラー、または成功に設定することができます。