Windows用 死活監視 / 異常検知ソフトウェア
ActiveXperts Network Monitor

  • Windowsの監視

アンチウイルス

インターネットセキュリティとアンチウイルスの監視

ActiveXperts Network Monitorを使用してアンチウイルスおよびインターネットセキュリティスイートを監視すると、多くの重要なアンチウイルスおよびインターネットセキュリティスイートを監視できます。
これは「監視」メニューから「新規監視チェック」を選択し、「ウイルス対策/インターネットセキュリティ」チェックを選択して必要なパラメータを入力するだけです。
この監視は、サービスとプロセスをチェックし、オプションでウイルス定義ファイルをチェックして、ファイルのバージョンや日付が正しいかどうかを確認します。
チェックは、追加の局面を監視するためにユーザによってログファイル、ソフトウェアのdllバージョン、検疫内のファイル数など容易に拡張することができます。 

以下のアンチウィルス/アンチスパムソフトウェアパッケージがサポートされています。
  • Ad-Aware Pro
  • Ad-Aware Total Security
  • avast! Anti Virus
  • AVG Anti-Virus
  • AVG Internet Security
  • Avira Premium Security Suite
  • BitDefender Anti-Virus
  • BitDefender Internet Security
  • BullGuard Anti-Virus
  • BullGuard Internet Security
  • eScan Anti-Virus
  • eScan Internet Security
  • F-Secure Anti-Virus
  • F-Secure Internet Security
  • G Data Anti Virus
  • G Data Internet Security
  • K7 Anti-Virus
  • K7 TotalSecurity
  • K7 UltimateSecurity
  • Kaspersky Anti-Virus
  • Kaspersky Internet Security
  • Kingsoft Anti-Virus
  • Kingsoft Internet Security
  • McAfee AntiVirus Plus
  • McAfee VirusScan Enterprise
  • McAfee VirusScan Plus
  • Norman AntiVirus Security Suite
  • Norman AntiVirus
  • Norton Anti Virus
  • Norton Internet Security
  • NOD32 Anti Virus
  • Outpost Anti Virus
  • Panda Anti Virus
  • Panda Internet Security
  • PC Tools Internet Security
  • Sophos Anti Virus
  • Trend Micro Titanium
  • Trend Micro Titanium Internet Security
  • Trend Micro Internet Security
  • Vipre AntiVirus
  • Vipre Internet Security
  • Webroot Antivirus
  • Webroot Internet Security
  • ZoneAlarm Antivirus
  • ZoneAlarm Internet Security

 

Citrix ICA

Citrix ICAサーバーを監視
ハンドシェイクすることで、ActiveXperts Network MonitorはリモートサーバーのICAプロトコルが正しく機能していることを確認できます。

ICAサーバーチェックには、以下のパラメーターがあります。
  • ホスト – 監視するサーバーのホスト名またはIPアドレス
  • ポート –  ICAプロトコルのTCPポート番号( デフォルト:1494)
  • 接続時にコマンドを送信 – 接続が確立したらすぐにコマンドを送信します。 デフォルトでは、コマンド文字列は送信されません。
  • 応答には文字列を含める – 接続時には、オプションでコマンドを送信します。 それから応答を待ちます。 ICAサーバーのデフォルトの応答は次のとおりです。 ‘ICA’;
  • タイムアウト – チェックがタイムアウトするまでのミリ秒数。 通常、サーバーへの接続は1秒以内に確立されます。 ただし、時間のかかるサーバでは時間がかかります。 推奨値は7000ミリ秒です。

 

Citrix XenApp

Citrix XenAppの監視

ActiveXperts Network MonitorはCitrix XenAppサーバーをチェックできます。

 

CPU

CPU使用の監視

 

ディレクトリ

ディレクトリとファイルの監視

 

ディスクドライブ

ディスクドライブの監視

 

ディスク空き容量

ディスク空き容量の監視

 

イベントログ

Windowsイベントログの監視

 

ファイル

ファイルの存在、ファイルサイズ、ファイル内容の監視

 

メモリ

メモリの監視

 

MSMQ

Microsoft Message Queueの監視

 

Microsoft Terminal Server

Microsoft Terminal Serverの監視

 

Performance Counter

Performance Counterの監視

 

PowerShell

PowerShellの監視

 

プリンタ

プリンタの監視

 

プロセス

プロセスの監視

 

レジストリ

レジストリの監視

 

リモートコマンド

リモートコマンドの監視

<explanation>は、Managerアプリケーションの[Last Response]列に表示されます。  <value>フィールドは、マネージャアプリケーションの[データ]列に表示されます。 サンプル:

ERROR: Free Disk space is less than 40 GB DATA:34
SUCCESS: Service 'Messenger' is running
リモートコマンドジョブには、次のパラメータがあります。
  • コンピュータ – 監視したいコンピュータのホスト名またはIPアドレス
  • コマンド – リモートコンピュータで実行するコマンド。 このコマンドはリモートコンピュータに存在する必要があります。
    StdErrが空でない場合、結果は次のようになります。スクリプトにエラーがある場合は、このエラーを処理して、チェックの結果をどのようにするかを指定できます。
  • コマンドタイムアウト – リモートコマンドの完了を待つ最大ミリ秒数を指定します。 リモートコマンドの実行に時間がかかると、終了します。 デフォルト値:30000ミリ秒。

 

リムーバブルドライブ

リムーバブルドライブの監視
ActiveXperts Network Monitorを使用すると、管理者はUSBメモリ、メモリカード、外付けハードドライブなどのリムーバブルドライブについてネットワークコンピュータを確認できます。
リムーバブルドライブの確認には、次のパラメータが必要です。
  • ドメイン –  Active Directoryドメイン名
  • コンピュータのリスト – ドメイン全体を監視したくない場合は、特定のコンピュータを指定できます。
  • 最初にPINGを使用してホストが使用可能かどうかを確認 – パフォーマンスを向上させるために、Network Monitorはまずホストが存在するかどうかを検出できます。
  • 除外リスト – このネットワークで許可されているリムーバブルドライブのリスト

スケジュールされたタスク

スケジュールされたタスクの監視
Scheduled Taskチェックを使用すると、スケジュールされたタスクが正常に完了したかどうかを確認できます。
スケジュールタスクチェックは、今日実行する必要があるタスクにのみ適用できます。 すなわち 昨日実行したタスクの完了を確認することはできません。
スケジュールタスクチェックには、次のパラメータがあります。
  • 予約タスクログファイル – 予約タスクログファイル(SchedLgU.txt)への完全修飾パス名(UNC形式)。 (例:\\Server01\C$\Windows\Tasks\SchedLgU.txt. )このファイルはWindowsエクスプローラには表示されません。 ファイルを一覧表示するには、コマンドプロンプトを使用して「C:\WINDOWS\TASKS」と入力します。
  • Job Name  –  SchedLogU.txtファイルに表示されるジョブ名。 たとえば、次のログエントリに従って、ジョブ名はmytask.batになります。

Windowsサービス

Windowsサービスの監視
サービス監視には、サービスのステータスを返すプローブが含まれます。 ActiveXperts Network Monitorは、ステータスが「実行中」であるかどうかを確認することによって、ローカルコンピュータとリモートコンピュータのサービスを監視します。 
サービスチェックには次のパラメータが必要です。
  • コンピュータ – 監視したいコンピュータのホスト名またはIPアドレス
  • サービス –  Windowsのサービス名。 「フレンドリ名」(コントロールパネルに表示されるとおり)または’friendly name’ (HKLM \ System \ CurrentControlSet \ Servicesレジストリハイブのレジストリキー名)のどちらかを使用できます。
  • 実行する必要がある/実行しない – チェックの成功またはエラーを決定します。 サービスを実行してはいけない場合は[実行しない]を選択し、それ以外の場合は[実行する必要がある]を選択します。
  • 認証情報 – 必要に応じて代替のWindows認証情報を選択します。

VBScript

VBScriptの監視
ActiveXperts Network Monitorは、IT管理者にプログラミングインターフェースを提供します。 VBScriptはActiveXperts Network Monitor製品の標準スクリプト言語です。 
VBScriptチェックには次のパラメータがあります。
  • ファイル –  VBScriptファイルの名前
    スクリプトには、「機能名」フィールドで指定されている機能を含める必要があります。この関数は成功するとTrue(-1)を返し、エラーの場合はFalse(0)を返し、結果がわからない場合はUnknown(1)を返します。
  • 関数 –  ActiveXperts Network Monitorによって呼び出されるべき関数。この関数は成功すればTrue(-1)、エラーならFalse(0)、結果がわからない場合はUnknown(1)を返すべきです。
  • パラメータ1  – 関数の最初の引数
  • パラメータ2  – 関数の2番目の引数
  • パラメータ3  – 関数の3番目の引数
  • パラメータ4  – 関数の4番目の引数
  • パラメータ5  – 関数の5番目の引数
  • パラメータ6  – 関数の6番目の引数
  • 詳細設定:タイムアウト –  VBScriptチェックのタイムアウトを指定できます。スクリプトがタイムアウト(秒単位)より長くかかると、関数は中止され、「不明」の結果が報告されます。デフォルトでは、タイムアウトは使用されていません。
  • 詳細設定:不適切な操作後にスクリプトをブロックする – たとえば、プログラミングが不適切なためにスクリプトがクラッシュした場合は、次回実行されるようにスクリプトをブロックできます。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。

Windows Defender

Windows Defenderの監視
ActiveXperts Network Monitorは、Windows Defenderのサービスとプロセスのステータスを監視します。
Windows Defenderチェックには、以下のパラメーターが必要です。
  • サービス – ターゲットサーバー上で実行されるべきWindows Defenderサービスのリスト
  • プロセス – ターゲットサーバー上で実行されるべきWindows Defenderサービスのリスト
  • パフォーマンスカウンタ – 監視する必要があるWindows Defenderのパフォーマンスカウンタの一覧
  • WMIパフォーマンスカウンタ – 監視する必要があるWindows Defender WMIカウンタの一覧